HOME会社案内グループの基本・目的

  • サイトマップ

グループの基本

グループの基本

「セイエイ・エル・サンテ」という名称はグループの基本に由来します。
    “セイエイ”は「生衞」、生を衞るからの造語。
    “サンテ”は保健(sante 仏語)。
    “エル”は翼(ailes 仏語)。生衞と保健が両翼となって「生」をまもる象徴。
「生を衞る」という意味で「衛生」という言葉があります。19世紀以降、公衆衛生がイギリスを始めヨーロッパ諸国で展開し、日本には明治の初めに長与専斎によって導入されました。その際Hygieneの訳語として「衛生」とされました。衛生の中には健康を保つ、即ち保健の概念も含まれており、衛生も保健も「いのちをまもる」取り組みであると言えます。
セイエイ・エル・サンテグループは、医療・介護・保健に関わる事業の中で「生衞」と「保健」の本質を常に考え、我々ができる限りサービスの質を上げ、提供していきます。


グループの目的

「共利共生(相利共生)」は、自然界で数億年前から見られます。植物や菌類は自ら大きく動いて生息地を変えることができないため、異なる種が互いに助け合い、共に生き、共に進化してきました。
「共利共生は」どちらか一方が利を得るのではなく対等なやり取りのある関係で、互いのいのちを尊重する生き方であり、人間社会や企業活動にも通じる大切な事であると確信しています。
それはまた、歴史に学び今を考え、勤勉を旨として伝統、文化を引き継ぐことにもつながります。
企業活動において互いに得る利は、有形無形を問わず、次世代に備えて人を育て、環境を整え、進歩するために必要な分相応なものであると考えます。
我々セイエイ・エル・サンテグループは、お客様、お取引先様と共利共生関係を築くことを目指し社会に貢献してまいります。

ロゴマークの紹介

ロゴマークコーポレートブランドマークは、翼と生命をイメージする卵を主要なモチーフとして、「衛生」と「保健」の両翼で「生命」を守る姿を表しています。同時に、これまでの生を衛ること、これから芽吹く種の可能性、生命力も表現しています。また全体的な形と中央の円=縁で、人の縁を大切にする姿勢を示しています。
コーポレートカラーは、清潔で暖かみのあるウオームグレーを採用しました。

このページの先頭へ

会社案内

  • ご挨拶
  • 会社概要
  • グループ会社紹介
  • グループの基本・目的